風力発電システム

風力発電って?

風力発電は、風の力を利用して風車の羽根を回し、その回転エネルギーを発電機に伝えることによって発電するという仕組みになっています。
大地の「風」は、決して枯渇することのない再生可能エネルギーであると同時に、風を利用して発電を行っても有毒なガスを排出することはないため、二酸化炭素などの温室効果ガス排出量の低減効果があります。

風力発電にすると何がいいの?

■風力発電は燃料を必要としない再生可能エネルギー
再生可能エネルギーとは枯渇することのないエネルギーのことを指します。
風力発電は「風」の力を利用しますが、日中であろうと夜中であろうと、風は枯渇する心配がありません。

■クリーンエネルギーです
風を利用して発電を行っても有毒なガスを排出することはなく、地球温暖化の原因である二酸化炭素の排出量もかなり限られています。


■非常用電源として
風力発電機と太陽電池を組み合わせることで、さらに安定した発電を確保しながら、バッテリーに蓄電するシステムです。
また、「固定価格買取制度」を活用することで発電した電力を売電することも可能です。

風力発電のデメリット

しかしながら、まだまだ課題があるのも事実です。
当然のことながら、安定的に常に風が吹いているとは限らないため、季節や気象条件に左右されます。
風力発電のブレードが回転することで発生する風切り音の問題もあるため、設置場所の事前調査が重要となってきます。

会社情報

  • 有限会社 三友電設
    〒379-1315
    群馬県利根郡みなかみ町上津905
    (電話)0278−62−3610
    (FAX)0278−62−2374
▲ページ上部へ戻る