水力発電システム

水力発電って?

水の落下エネルギーや水流の勢いで発電機を回すことで、発電するという仕組みになっています。
日本は降水量が多いため、農業用水等を利用すれば、規模は小さいものの安定した発電量を確保することが出来ます。
また、小水力発電は水の流れを利用しますが、水量を減らすことも、水を汚すこともありません。 小水力発電には、膨大な発電ポテンシャルがあると言われています。

水力発電にすると何がいいの?

■水力発電は燃料を必要としない再生可能エネルギー
「水」という、再生可能なエネルギーを使っているという点です。
エネルギー資源に恵まれているとは言い難い日本でも、水という資源にはとても恵まれています。

■クリーンエネルギーです
水が落下する力を利用して発電水車を回すという、とても環境に良い仕組みです。
太陽光発電や風力発電と同じく、再生可能エネルギーを利用します。
落差、または流量さえあれば発電することができるため、水車を設置できる範囲も広いです。

■山が多く、起伏の大きい日本に向いていると言える
地方の農地周辺には当然、農業用水路が流れています。
流れは大小ありますが、この力を利用しないのはもったいないことと思われます。

水力発電のデメリット

水利使用の許可が必要な場合があります。

会社情報

  • 有限会社 三友電設
    〒379-1315
    群馬県利根郡みなかみ町上津905
    (電話)0278−62−3610
    (FAX)0278−62−2374
▲ページ上部へ戻る