避雷針・避雷器設置工事

避雷針のしくみ

避雷針のしくみ避雷針は、自身に雷を呼び込み、誘導して地面に流す装置で、建物の屋上や近くの地面に立てて使います。
避雷針がなければ、雷の電流が建物の内部を直撃してしまいます。
避雷針をつけると、付近の雷を呼び寄せてしまうために、雷が落ちてくる可能性は高くなりますが、万が一雷が落ちても建物の内部を直撃しなくなるので、全体としてはより安全になると考えられています。

避雷器のしくみ

避雷器のしくみ

上州名物は、なんと言っても『雷とからっ風義理人情』。夏の夕立に留まらず、冬でも春でも来るとなったら来るのが当地のカミナリ様です。
最近買ったデジタルテレビ、家族の食欲を支える大型冷蔵庫、自慢のパソコンは大丈夫ですか?
三友電設は、避雷針・避雷器工事で県内屈指の実績を誇ります。特に当社が得意とする棟上導体方式の避雷針は、神社・仏閣・文化財などに使われており、 特殊で施工経験者が少ない技術です。もちろん一般家屋も数多く手がけています。仏様もにっこり太鼓判を押す三友の避雷針・避雷器技術をおためし下さい。もちろんお見積りだけでもOKです。

会社情報

  • 有限会社 三友電設
    〒379-1315
    群馬県利根郡みなかみ町上津905
    (電話)0278−62−3610
    (FAX)0278−62−2374
▲ページ上部へ戻る