K様邸『V2H』設置工事

【V2Hについて】

V2HとはVehicle to Home(クルマから家)の略で 電気自動車に蓄えられた電力を、家庭に供給が出来るシステムです。 近い将来の電気自動車普及に向けて、今、注目されています。 電気自動車は40kWhと大容量なので長い時間、電気を供給することができるのです。

【工事内容】

・ケーブルが複数本あるので、ケーブルダクトで見た目がスッキリするように配管しました。

・既設で太陽光、蓄電池を所有されていたので、設備同士の連携がかなり複雑でした。

・停電試験を行い、停電時に蓄電池からの電気供給を確認し、 その後、電気自動車『日産リーフ』からの電気供給を確認。 それぞれの設備からでも電気が点灯すること確認しました。

・停電が復旧するのを実際に見て、喜んで頂けて、良かったです。 終わり頃に雨が降ってきましたが、幸い軒下工事の段階でしたので、助かりました。 帰りがけに飲み物とおやつを頂き、帰りの車中でおいしくいただきました。

ご縁に感謝

 前原拝

                    

———————————————————————————————————-

【ブログ担当:前原拓哉のプロフィール】

・群馬県みなかみ町出身 神奈川大学 工部 電気工学科卒

・群馬県前橋市在住、1980年生、同居家族 妻 子供2人

・三友電設 入社年:2007年(現在14年目)

・国家資格:1級電気施工管理技士 第一種電気工事士 消防設備士甲種4類

・技術資格:玉掛け、移動式クレーン運転、高所作業車運転、職長・安全衛生責任者

      足場組立等作業主任者、冷媒フロン類取扱技術者

・趣味:ゴルフ 釣り

・元柔道部なので、古賀稔彦ファン(左足を引きずりながらの金メダルに感動)

・ゴルフ好きなので、松山英樹ファン(マスターズ優勝に感動)

・ラグビー経験ないが、福岡堅樹ファン(ワールドカップ2019で感動)

———————————————————————————————————-

カテゴリー: V2H | コメントをどうぞ

梅雨の季節だからこその雷対策

今回は診療所で雷対策を行いました

患者さんのデータや様々な重要データなどを管理しているパソコンなども

雷の影響によりデータが消えてしまう恐れなどもあります

その為に対策をしっかりと行います

また器具などに大きく影響も及ぼしてしまうため

動力電源にもしっかり対策を施しています

雷の多くなる時期です

壊れてしまう前にしっかりとした対策を皆様も検討してみてください

カテゴリー: 雷対策 | コメントをどうぞ

防犯カメラのススメ

防犯に一番有効とされているのが防犯カメラです。

当社では防犯カメラ設置施工も行っております。

高画質により昼夜問わずくっきりと映し出します。

また専用のアプリを使えばスマートフォンなどで出先からも映像の確認ができます。

ご検討中の方は是非当社にお問い合わせください。

カテゴリー: モニタリング/防犯, 防犯 | コメントをどうぞ

防犯設備について

当社では空き巣・住居侵入などの防犯設備の施工も行っています。

・映像を記録し証拠など決定的瞬間を逃さない。専用アプリを使えばスマホなどから映像も確認できる
定番の防犯カメラをはじめ

・ドアからの浸入を感知して知らせるドアスッチ

・侵入者の動きや体温を感知するパッシブセンサー

・侵入を外部に知らせる警告灯

・これらのセンサーなどを統括し異常を電話などで知らせる

セキュリティコントローラ

・カードーキーなどでそれらの警戒・解除を簡単に行える

非接触リモコン

・また火災ガス漏れ異常状態など様々場面でも対応可能です

 

防犯意識を高めてみてはいかがでしょうか。

 

カテゴリー: 防犯 | コメントをどうぞ

独立型ソーラー発電

照明や防犯カメラなど設置したいけど近くに電源がない、
数多く設置しないので電源を電力会社から新たに引っ張ってくる程でもないなど、
そういった場面で活躍するのが、
ソーラーパネルとバッテリーなどを組み合わせた独立電源システムです。
商用電源を使用しないため、大規模な電気工事の必要がありません。
また突然の停電等などのトラブルにおいて非常用電源としての使用も可能です。

資材置き場にて設置した事例

ソーラーパネルを屋根に設置


バッテリーやインバーター(電流変換機)を設置するための棚を設置

バッテリーとインバーター及びブレーカー等を設置

ソーラーパネル用コントローラーの表示確認

防犯カメラ設置

昼は太陽光で作動しており
夜は充電したバッテリーで作動
防犯面もばっちりです。

カテゴリー: 太陽光発電システム | タグ: , , , | コメントをどうぞ

雷対策!太陽光発電

近年、オール電化・太陽光発電パネルを設置する方が増える中で、
故障の最も多い原因の1つとして雷が挙げられると思いますzap

弊社でも太陽光発電パネル設置工事が650件を超え、
太陽光発電パネル設置工事と同時に避雷器を設置するケースも増えています。

特に、オール電化設備・太陽光の設置容量の多い方は被害が大きくなる可能性があるため、避雷器をお勧めしたいと思いますstar2

配電盤 (2)2  配電盤2

避雷器は雷対策の専門メーカー音羽電機工業のものを使用します。

カテゴリー: 雷対策 | タグ: , , | コメントをどうぞ

鳩ノ巣撤去_太田市_K様邸

ここのところ鳩ノ巣撤去工事が続いたので紹介したいと思います。
屋根は金属瓦棒です。傾斜は緩やかなため作業はスムーズに行えましたsunny
鳩ノ巣の位置を確認すると、左から2枚目のパネルの下に集中していました。

パネルを1列すべて剥がしてから鳩ノ巣の撤去を開始します。
スクレーパーやブラシ等を使用し屋根をキレイ清掃しましたstar2

清掃2 清掃済み

パネルを設置し、配線を整理して防鳥網を取り付けます。
金網施工_側面 金網施工_上段

↑写真はパネル側面と、棟側です。
鳩が入り込めないように瓦棒部分は網に切込みを入れて加工しました。
パネルの下には入れませんので、様子を見て頂けたらと思いますrelaxed

 

カテゴリー: 鳩ノ巣対策 | タグ: , , | コメントをどうぞ

鳩ノ巣撤去_太田市_A様邸

太田市A様邸にて鳩ノ巣撤去・防鳥網を取り付けましたので
紹介します。
まずは落下防止にロープを屋根に流し、安全対策を行います。
そして鳩ノ巣のあるところまで順にパネルを剥がしていきます。

安全ロープ P1030756

巣が複数あったのでかなりの量になりましたeyes
丁寧に取り除き、清掃しました。

鳩ノ巣撤去 屋根清掃

パネルをもとの位置に戻し、配線を整理した後、
防鳥網を取り付けていきます。


防鳥網_側面 防鳥網_軒側

なるべく網が目立たないように施工しました。
施主様にも確認していただきましたが、道路からではよーく目を凝らしてみないと網の存在には気付きません。blush
もうパネルの下に入り込めませんのでしばらく様子を見て頂きたいと思いますhand

カテゴリー: 鳩ノ巣対策 | タグ: , , | コメントをどうぞ

雷対策!避雷器取り付け

今日は夕方から急に雨が降ってきました!!
雷もものすごい勢いで落ちてますzap

最近は、夕立が多く雷絡みの仕事が多いため
紹介したいと思います。
カバー カバー2

↑の写真は雷によって真っ黒になったテレビのブースターのカバーです。
今回のお宅では近所に雷が落ちてしまい、
それによってブースターがぶっ飛びましたboom

中身の基盤は真っ黒に焦げて飛び出していました。
その他にテレビ、ビデオ、エコキュート、ウォッシュレットなど
家電製品が壊れていました。

中身を見れるものはカバーを取って確認したら、
基盤がみな真っ黒でした。

オール電化の家庭が増えている中で
雷だけには注意しなければなりません。
不幸中の幸いではありますが、
災害保険を適用できるとのことでしたstar2

そこで題材にもあるとおり、雷対策について紹介します。
今回の被害に対し、行なった対策は以下の通りです。
避雷器 避雷器6

通常の配電盤に避雷器を取り付けました。
左の鉄箱に入っているのが避雷器と呼ばれる機器です。

避雷器とは雷によって起きる過電圧から
施設や家庭の機器を守るための物です。

(注:避雷針とは役割が違います。
避雷針は落雷を誘うもので、安全に大地にエネルギーを逃すことによって
建物の火災等は防げますが、中にある機器は守れません。)
これで雷での機器の故障被害はなくなりましたblush

カテゴリー: 雷対策 | タグ: , | コメントをどうぞ

太陽光パネルの下に鳩ノ巣_続き2

以前(2007年05月 参照)太陽光発電モジュールの下に
鳩の巣が出来てしまったことを書きましたが、
最近になってまた鳩が屋根の上をうろうろしているため
巣を作ってしまったのではないかということで、
対策して欲しいとの連絡を受けました。

写真は対策前の屋根です。
金網施工

実際、写真を撮ってるときにも周りの電線には鳩がいましたeyes
どうやら近くのアパートに鳩のたまり場があるようです。。

そのアパート周辺には他に巣を作れるようなスペースはなさそうでした。
鳩も困ってモジュールの下のスペースを見つけたのではないでしょうかsweat_drops

そこで今回の鳩対策としては、鳩がモジュールの下に入り込めないように
金網をモジュールと屋根とのスペースに張り巡らせます。
動物園にあるような目の細かい網ですthumbsup

屋根の上場と左右は屋根に上って施工できましたが、
下場は歩くスペースが確保できないため、高所作業車での作業となりました。
金網をモジュールの寸法に切り分けて取り付けていきます。

金網施工2 金網施工3

高所作業車に乗ってモジュールの下を覗いてみると、
鳩の巣はありませんでした。少し安心しました。

以下、金網取り付け写真になります。
金網施工4 金網施工5
金網の施工は完了しました
施主様に工事の旨をお伝えし、
これでしばらく様子を見てもらうことになります。

取り付け後、モニターで発電状況を確認し、
施主様とお話しする機会があったのですが、
太陽光発電について大変喜んでもらえているようで
うれしかったですsmile

取り付け後の感想を私自身聞くことが少なかったので、
貴重な時間を過ごせましたsparkles

カテゴリー: 鳩ノ巣対策 | タグ: , , | コメントをどうぞ