太陽光パネルの下に鳩ノ巣_続き2

以前(2007年05月 参照)太陽光発電モジュールの下に
鳩の巣が出来てしまったことを書きましたが、
最近になってまた鳩が屋根の上をうろうろしているため
巣を作ってしまったのではないかということで、
対策して欲しいとの連絡を受けました。

写真は対策前の屋根です。
金網施工

実際、写真を撮ってるときにも周りの電線には鳩がいましたeyes
どうやら近くのアパートに鳩のたまり場があるようです。。

そのアパート周辺には他に巣を作れるようなスペースはなさそうでした。
鳩も困ってモジュールの下のスペースを見つけたのではないでしょうかsweat_drops

そこで今回の鳩対策としては、鳩がモジュールの下に入り込めないように
金網をモジュールと屋根とのスペースに張り巡らせます。
動物園にあるような目の細かい網ですthumbsup

屋根の上場と左右は屋根に上って施工できましたが、
下場は歩くスペースが確保できないため、高所作業車での作業となりました。
金網をモジュールの寸法に切り分けて取り付けていきます。

金網施工2 金網施工3

高所作業車に乗ってモジュールの下を覗いてみると、
鳩の巣はありませんでした。少し安心しました。

以下、金網取り付け写真になります。
金網施工4 金網施工5
金網の施工は完了しました
施主様に工事の旨をお伝えし、
これでしばらく様子を見てもらうことになります。

取り付け後、モニターで発電状況を確認し、
施主様とお話しする機会があったのですが、
太陽光発電について大変喜んでもらえているようで
うれしかったですsmile

取り付け後の感想を私自身聞くことが少なかったので、
貴重な時間を過ごせましたsparkles

カテゴリー: 鳩ノ巣対策   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です